30代で仕事を辞めたいは甘えなの?【状況から判断】

当サイトのページにはプロモーションが含まれています。
30代で仕事を辞めたいは甘えなの?

30代の方に限らず、「今の仕事を辞めたい…」と思う人は少なくありません。

仕事を辞めたいと思う理由は多種多様ですが、今の会社を退職して新たなステップを踏み出したいと考えるのです。

ただ、「30代にもなって仕事を辞めたいのは甘えではないのか?」と思われてしまうこともあります。

もし、仕事を辞めることが甘えだと判断されてしまうと、再就職をする際にはリスクとなりかねません。

実際のところ、30代で仕事を辞めることは甘えになるのでしょうか。

そこで、30代で仕事を辞めたいは甘えになるのかについて解説をしていきます。

目次

30代で仕事を辞めたい気持ちは甘えではない

まず、30代で仕事を辞めたいと思う気持ちは甘えではありません。

確かに、「みんな辛いのを我慢している」「働く場所があるだけマシ」と考える人もいるため、「仕事を辞めることは甘え」との声があるのも事実です。

また、仕事を辞めたい理由によっては甘えに該当するケースもあります。

ただし、仕事を辞めたい理由が甘えではないケースも当然ながらあるため、それほど深く悩む必要はないです。

そもそも、本当に仕事を辞めることが甘えになるのであれば、一度働きだすと辞めることはできず、また転職する人たちも存在しません。

そのため、仕事を辞めることが全てにおいて甘えとなるわけではないことを、理解しておくことが重要です。

30代で仕事を辞めたいことが甘えではないケース

前述では、30代で仕事を辞めたいことは甘えではないことをお伝えしました。

ただ、甘えに該当するケースがあるのも事実です。

そうしたとき、どのようなケースが甘えに該当しないと言えるのでしょうか。

例えば、以下のような理由であれば問題ないと言えます。

  • 労働環境がブラック体質
  • 人間関係が悪くてつらい
  • 評価されずに給料も上がらない
  • 会社の経営状況に不安がある

それぞれについて、以下で詳しくご紹介をしていきます。

労働環境がブラック体質

30代で仕事を辞めたいと思うことが甘えでないケースの一つが、劣悪な労働環境の会社で働いている場合です。

具体的には、以下のようなケースが該当します。

  • 労働時間が長い
  • 休みが少ない
  • 休日出勤が多い
  • 性格に難ありな人が多い
  • 仕事の終わりが見えない

上記の項目に該当する場合、あなたが働く職場は労働環境が悪い可能性が高いです。

例えば、労働時間が長く休みが少ないと、身体を休める時間が極端に短くなります。

そうしたとき、睡眠不足に陥り健康を損ねてしまうことも否定できません。

また、家族持ちの場合は一緒に過ごす時間を作ることができず、パートナーや子どもに迷惑をかけてしまうことにもつながります。

筆者もブラック企業に該当する会社で働いたことがありますが、無理をして頑張ってもほぼ報われることはないため、30代の間に辞めることは適していると言えます。

人間関係が悪くてつらい

30代の方に限らず、人間関係を理由に仕事を辞めたいと思う人は少なくありません。

挨拶をされない、目も合せない、罵声を浴びせられる、陰湿な噂話を流されるなど、職場における人間関係の問題は多種多様です。

なお、実害を伴うパワハラ被害を受けている場合は、正直なところ今の会社で働き続けるべきではありません。

基本的に、パワハラをする人に意見をしても逆上して被害がエスカレートするだけなので、あなた個人の力ではほぼ改善は不可能です。

もちろん、権限のある上司や人事に相談すると対応してもらえることもありますが、居心地の悪さは改善できないでしょう。

そのため、明らかに人間関係が悪かったり、パワハラを受けている場合は30代で仕事を辞めたいと思っても甘えではないと言えます。

評価されず給料も上がらない

会社によっては仕事で大きく貢献しても、全く評価されなかったり給料が上がらないことがあります。

例えば、あなたが勤める会社が年功序列の評価制度を採用しているのであれば、仕事の評価が反映されたり給料が上がるなどの望みは薄いです。

年功序列は同じ会社で長く働くと、勤続年数と年齢により昇給することができます。

そのため、一つの会社で定年まで働くつもりなのであれば、メリットになる制度であることは確かです。

ただし、仕事で成果を出しても評価されにくい傾向にあるため、キャリアアップへの意欲が高い社員ほど自分に下された評価に不公平さを感じることも少なくありません。

なお、筆者は新卒で年功序列を強く意識した会社で30歳まで働きましたが、仕事の評価について上司に指摘しても改善されることはありませんでした。

実際に、こうした評価に嫌気がさし、辞めた先輩や同期に後輩もいたくらいです。

そのため、30代の今に至るまでほぼ仕事で評価されず、また給料も上がっていないのであれば、今のうちに転職の検討もしておく方が無難だといえます。

会社の経営状況に不安がある

現在は、何かと不景気な世の中であるため、経営状況が悪い会社も少なくありません。

そうした中で、あなたが勤める会社も経営状況に不安を感じさせるものがあるのであれば、今のうちに対策を講じておいた方が安心です。

例えば、安心して働くことのできる企業が求人募集をしていないかを日々確認しておくと、万が一のときはすぐに行動に移すことができます。

会社が倒産するとき、出勤と同時に社員を招集して知らされたり、最悪の場合は当日に倒産した事実を知ることもあります。

そのため、会社の経営状況が怪しい場合は、仕事を辞めたい気持ちが甘えだと思わず、30代の今のうちに行動することが重要です。

30代で仕事を辞めたいことが甘えに該当するケース

30代で仕事を辞めたいと思うことは甘えではないのですが、そうした中でも甘えに該当するケースも存在します。

例えば、以下のように考えているのであれば、辞めずにもう少し様子を見るべきです。

  • 何となくここで働き続ける未来が想像できない
  • 与えられた仕事が面白くない
  • 同僚や後輩に出世で先を越された

それぞれのケースを、以下でご紹介していきます。

何となくここで働き続ける未来が想像できない

「何となく今の会社で働き続ける自分の未来を想像できない」との理由で、仕事を辞めたいと思う30代の人は意外とたくさんいます。

ただ、漠然とした理由で仕事を辞めても甘えと思われる可能性が高く、転職にも高確率で失敗してしまいます。

例えば、会社の経営状態が悪い傾向にあることを察知して、働き続ける自分の未来が想像できないのであれば、仕事を辞めることも甘えではないかもしれません。

しかし、気分的に今の会社で働き続ける未来が想像できないというのであれば、もう少し様子を見るべきです。

なぜなら、仮に仕事を辞めたとしても、「こうした条件で働きたい!」などの明確な理由がなければ、転職活動は思うように進みません。

そのため、一度目の前の仕事に集中してみて、それでも気持ちが変わらなければ、転職活動をしてみることをおすすめします。

与えられた仕事が面白くない

筆者も経験があるのですが、新たに任された仕事が面白くないと感じて、仕事を辞めたいと思う30代の人もいます。

少しやってみるも、「自分には合わない」と感じて辞めたくなることがあるのです。

この他、異動を命じられて職場環境が合わず、仕事を辞めたいと思う人も少なくありません。

ただ、実際にそれほど時間が経過していない状態で辞めたいと判断したのであれば、甘えだと思われる可能性は高いです。

何より、時間をかけることで、本当はあなたに適した仕事である場合もあります。

そのため、少なくとも半年は実際に経験してから判断することが大切です。

同僚や後輩に出世で先を越された

出世意欲の高い30代に多いのですが、同僚や後輩に出世で先を越されたことを理由に、仕事を辞めたいと思う人も意外とたくさんいます。

「自分の方が頑張っていたはずなのに、なぜ出世で先を越されるんだ!」との怒りや嫉妬で仕事を辞めたいと思ってしまうのです。

この問題は筆者も経験しており、明らかに仕事のできない同僚や後輩が幾度となく評価されていた事実に怒りを感じ、直接上司へ直談判したことがありました。

結果的に、退職する最後まで評価を得ることはできなかったのですが、人づてに聞いた話では私のことが気に入らずに評価対象としていなかったとのこと。

実際に、こうしたことを行う人は少なくありません。

そのため、仕事を辞めたいと思う気持ちも分かるのですが、「本当に適切な努力をしていたのか?」「自分に甘えがあった部分はなかったのか?」などを振り返ることが重要です。

明らかな忖度で評価するような風土の会社であれば、転職も視野に入れるべきだとは言えます。

ただ、あなた自身が見落としている部分があるかもしれないので、まず出世で先を越された事実はしっかり受け止め、アドバイスを受けた方が出世や評価につながるはずです。

30代で仕事を辞めたいは甘えなのかをプロの視点で診断してもらう

「仕事を辞めたいけど甘えではないのか?」と思う30代の人は多いのですが、プロの視点から診断してもらうことで判断することも可能です。

具体的には、転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーに相談して診断してもらいます。

キャリアアドバイザーですが、転職や仕事についての深い知識を持っているため、現在あなたが抱えている不安や危機感などを相談すると、プロならではの視点でキャリアプランを提案してくれます。

一人では知ることのできなかった、選択肢や可能性を見出せることもあるため、相談するだけでも大きく前進することができるはずです。

もちろん、転職活動をすると決意したのであれば、そのままサポートしてもらえます。

あなたの経験やスキルを考慮して求人を紹介してくれるので、条件の良い会社へ転職できる確率を上げることができます。

なお、相談だけでも利用はできるため、必要に応じて活用してみてください。

30代で仕事を辞めたいことは決して甘えにならない

30代であろうと、仕事を辞めたいと思う人はいるため決して甘えではありません。

ただ、明確な理由なしに辞めたい気持ちを優先すると、甘えと思われてしまうこともあります。

また、辞めたい理由が明確でなければ、転職に成功しても同じ状況に陥る可能性が高いです。

そのため、まずはあなたが仕事を辞めたい理由を明確にして把握し、それから転職するべきかを判断してみてください。

このとき、転職エージェントを活用すると、キャリアアドバイザーから優れたキャリアプランの提案をしてもらうこともできます。

こうしたことを理解した上で行動すると、あなたにとって適した働き方ができるようになるはずです。

30代の方が転職活動を行う際、多くの人は転職エージェントを利用します。

もし一人で転職活動を行うと、数多くの求人の中から自分に合った条件の企業を探さなければいけません。

また、労働条件や年収の交渉、面接対策、スケジュール管理など、転職に関わる全てを自分一人で行う必要があるのです。

それに比べ、転職エージェントを利用すると、転職市場や求人情報に詳しく、業界・職種の専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

なお、以下に30代の方に適した転職エージェントの情報をまとめているので参考にしてみてください。

目次