30代の転職面接で着る服装は男女スーツが基本【マナーは重要】

当サイトのページにはプロモーションが含まれています。
30代の転職面接で着る服装は男女スーツが基本

30代の方に限らず、転職活動をする誰もが求人応募をするとき、求人先の採用担当者との面接に臨む必要があります。

企業は求人応募をしてきた求職者の誰もを採用することはできないので、面接をすることで見極めるのです。

そのため、採用担当者に悪いイメージを持たれることのないように面接に臨まなければいけません。

例えば、面接を受ける際に着ていく服装はとても重要です。

面接では第一印象を重視して行われる傾向にあるので、服装に問題があると不採用になることがあります。

たとえ、素晴らしい職歴やスキルを持ち合わせていたとしてもです。

よって、30代の転職において面接時に着ていく服装は男性女性ともスーツが基本です。

その理由は、スーツを着ることによって品格を表現し、採用担当者に好印象を与えることができるからです。

しかし、転職面接にふさわしいスーツについて悩まれているかもしれませんので、本記事でお伝えしていきます。

目次

30代の転職面接で着る服装は男性女性と関係なくスーツが基本

冒頭でもお伝えしましたが、30代の転職活動において求人に応募をしたとき、どのような企業であっても面接は実施されます。

このとき、面接を受けるために求人先に伺うことになるのですが、初めて顔を合わす際に「第一印象が悪い」と思われることは避けなければいけません。

例えば、服装一つで悪い印象を与えてしまうことがあります。

服装は目に留まりやすい箇所の一つとなるので、問題があると「この人を採用するには抵抗があるな…」などと思われてしまうのです。

なお、稀に普段着で転職面接に臨む30代の方がいるそうです。

当然ながら、よい印象を持たれることがないので基本的に不採用となってしまいます。

なぜなら、社会人として働いたことのある、仮にも30代の方が最低限の常識も持ち合わせていなければ採用されにくいからです。

そのため、30代の転職面接において着るべき服装は男性女性と関係なく、スーツが基本であることを認識しておくことが大切です。

「私服でお越しください」と言われた時の対応

30代の転職における採用面接では、男性女性ともにスーツを着て臨むことが基本です。

ただ、企業によっては「私服でお越しください」と指示されることがあります。

このとき、「本当に私服でいいの?」と悩まれる方は少なくありません。

結論から言うと、本当に私服で面接に臨んでも問題ないです。

最近は、私服で勤務するスタイルを採用している企業も多くなってきているので、その関係から「私服でお越しください」と指示されることもあります。

中には不安からスーツで面接を受ける方もいるのですが、私服でも全く問題ないのでお言葉に甘える方が無難ではあります。

ただし、ファッションやアパレル系は「私服のセンスが審査対象となっていることもある」ので注意が必要です。

なお、「服装自由」と指示されることもあるのですが、この場合はスーツを着ていく方が無難です。

これは、「私服でお越しください」のように明確な指示ではないため、「スーツがダメ」というわけではありません。

よって、基本的にはスーツを着る方が安心感があるのでおすすめします。

第一印象を悪くする服装はNG

「私服でお越しください」と指示されたからと言って、普段着るような服装はダメです。

具体的には、以下のようなものが該当します。

  • Tシャツ・短パン・ジーパンなどのラフすぎる服装
  • デザイン・色の派手すぎる服装
  • サイズに余裕のありすぎる服装
  • 装飾品がたくさん付いた服装
  • スニーカー・サンダルを履く

あまりにも非常識な私服で面接に臨むと、流石に求人先の採用担当者も、「30代にもなって最低限のマナーもないの?」などと思われ悪い印象を与えてしまいます。

そこで、品格・清楚感・ビジネスマナーを兼ね備えた「ビジネスカジュアル」の服装で面接に臨むと、採用担当者に良い印象を演出することができるので安心です。

30代男性の転職面接に適したスーツ

30代の男性が転職面接へ臨む際に適したスーツを選ぶ際には、「色・柄・デザイン」に注意する必要があります。

例えば、余りにも派手すぎるデザインのスーツだと、かえって印象を悪くしてしまいます。

そのため、落ち着いた柄と色の「オーソドックス」なビジネススーツが望ましいです。

具体的には、無地やストライプ柄のシングルスーツで、色は紺、グレー、ネイビーが無難です。

中には「黒色がいい」と思う方もいるのですが、冠婚葬祭のイメージが強いので転職面接では避ける必要があります。

シャツはあらゆる色のスーツに合う「白色」を選べば間違いありません。

清楚感と爽やかさを兼ね備えた最もシンプルな色なので、良い印象を演出することができます。

ネクタイに関しては、スーツと同系色を選ぶことで統一感が生まれるので、できるだけスーツと近い色に合わすと全体的にバランスが取れるので安心です。

なお、オーソドックスなスーツに合わす靴は「ブラック」か「ブラウン」が適しています。

最後に応募書類や筆記用具を入れるカバンですが、男性は靴と同じ色がおすすめであり、大きさはA4サイズの封筒と用紙が曲がらずに入れることができれば問題ありません。

30代女性の転職面接に適したスーツ

30代女性が転職面接へ臨む際に適したスーツですが、まず「パンツ」か「スカート」の2つから選ぶことができます。

このとき、どちらを選んでも女性らしさを演出することができるので、好みで選んでも問題なしです。

ただ、スカートの場合は座ったときに膝が半分ほど出る程度の丈を選ぶことが望ましいです。

スーツの色はネイビー、グレー、紺、ベージュから選ぶとよい印象を与えることができます。

スーツの柄はシンプルな無地が基本となりますが、薄いストライプ柄程度であれば入っていても問題ありません。

スーツに合わせるインナーは、ブラウス、カットソー、シャツのいずれを選んでも問題ありませんが、色は白かベージュが無難であり30代女性の間では人気があります。

女性が面接時に履く靴は黒のパンプスが基本となるのですが、ネイビー、ベージュ、グレーであれば落ち着いたイメージの色となるのでおすすめです。

なお、ヒールの高さは5㎝程度のものがベストです。

最後に応募書類や筆記用具を入れるカバンですが、女性は黒、ベージュ、紺色の落ち着いた色を選び、大きさはA4サイズの封筒・用紙が曲がらずに入るものを選ぶことをおすすめします。

30代の転職面接では身だしなみも重要

30代の転職面接において、服装はとても大事ではありますが、採用担当者は身だしなみも確認をしています。

具体的には、以下のような箇所も確認をしているので注意が必要です。

  • 髪にひどい寝癖、ボサボサしていないか
  • 髪がカラーリングされていないか
  • 髭は剃っているか(男性)
  • 香水の匂いはきつくないか
  • 目立つアクセサリーは付けていないか
  • ネイルアートはしていないか

上記は一例ですが、求人先の採用担当者によってはこうした部分も確認しています。

そのため、どれだけ転職面接に相応しいスーツを着て臨んだとしても、身だしなみが悪ければ採用担当者に好印象を与えることができません。

こうしたことを避けるために、「髪は整っているか」「香水はつけないようにしよう」「関係のないアクセサリーは外しておこう」などを考えながら、面接に臨むことが大切です。

なお、ごく稀にスーツがシワシワな状態で面接に臨む30代の方がいるそうなのですが、これでは清潔感に欠けてだらしのない印象を与えてしまいます。

目立たない程度のシワであれば問題はないでしょうが、あまりにもひどい場合はクリーニングに出してきれいにしてもらうと安心です。

30代の転職面接では男性女性ともにスーツを着て臨む

求人先の採用担当者は、面接時の第一印象で約9割を判断していると言われています。

そして、この9割の中には採用の合否も関係しているのです。

つまり、第一印象が良ければ好印象を抱いてくれると共に、面接を有利に進めることができます。

このとき、30代の転職面接においてスーツで臨むと、求人先の採用担当者に好印象を与えることができます。

なぜなら、スーツは品格・清潔感・安定感などを演出することができ、期待感を表現することができるからです。

もちろん、スーツだけではなく身だしなみを整えておくことも必要ではあります。

ただ、企業によっては「私服でお越しください」と指示されることもあるので、そうした場合は「ビジネスカジュアル」の服装を意識して面接に臨むと安心です。

こうしたポイントを理解して転職面接に臨むことで、採用担当者に好印象を持ってもらい、内定の獲得を高まることができるでしょう。

30代の方が転職活動を行う際、多くの人は転職エージェントを利用します。

もし一人で転職活動を行うと、数多くの求人の中から自分に合った条件の企業を探さなければいけません。

また、労働条件や年収の交渉、面接対策、スケジュール管理など、転職に関わる全てを自分一人で行う必要があるのです。

それに比べ、転職エージェントを利用すると、転職市場や求人情報に詳しく、業界・職種の専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

なお、以下に30代の方に適した転職エージェントの情報をまとめているので参考にしてみてください。

目次