30代でハイクラス転職を実現させるためのポイント【進め方が重要】

当サイトのページにはプロモーションが含まれています。
30代でハイクラス転職を実現させるためのポイント【進め方が重要】

キャリアの中盤である30代、新たな挑戦や更なる成長を求め、ハイクラスな転職を検討することは一般的です。

しかし、その道のりは容易ではありません。

競争が激しく、自らの価値を高めてアピールすることが求められます。

この記事では、30代でのハイクラス転職を実現させるためのポイントをご紹介します。

自己ブランディングやスキルの向上など、具体的なアクションを通じてハイクラスな転職に向けて歩みを進めるための参考にしてみてください。

目次

ハイクラスとは?

30代からハイクラス転職を目指す人は意外と多いのですが、そもそもハイクラスとは何なのでしょうか。

実のところ、ハイクラスの言葉に明確な定義はありません。

しかし、一般的に会社の経営者目線で仕事ができる優秀な人材を「ハイクラス人材」と呼び、年収が800万円以上の求人を「ハイクラス求人」と呼ばれています。

なお、年収が800万円以上に相当する優秀な人材を「ハイクラス層」と呼ぶことが多いです。

つまり、マネジメント経験や専門スキルがあり、年収が800万円以上に相当する人材を「ハイクラス」と一般的に呼んでいます。

ハイクラス転職を目指す30代に必要とされる経験・スキル

30代でハイクラス転職を実現させるには、企業からある一定の能力や経験が求められます。

詳しくは、以下でご紹介します。

マネジメント経験はほぼ必須

30代でハイクラスな転職を実現させるには、マネジメント経験がほぼ必須です。

例えば、管理職として部下の指導や管理をしていた、あるいはプロジェクトリーダーとしてチームをまとめた経験がある場合、「マネジメント経験がある」といえます。

なお、どれほどの人数の指導や管理をしたりまとめた経験があるのか、そしてどのような結果を残すことができたのかは重要です。

当然ながら、人数が多ければ多いほどマネジメントの難易度は上がります。

そうした中で、どのような結果を残すことができたのかをアピールすると、ハイクラス転職の実現に一歩近づきます。

専門スキルがあると有利

30代でハイクラス転職を目指す際、高度な知識や経験が要求される専門スキルがあると歓迎されることもあります。

その理由は、業務で生かすことのできる専門スキルを持っていると、採用後に即戦力としての活躍が期待できるからです。

例えば、システムエンジニアやWEBマーケティング、WEBデザイナーなどは高い専門スキルが要求されるため、転職においてマッチすると有利に進めることができます。

そのため、ハイクラスな転職を実現させるために、応募先の企業とマッチする専門スキルを選びアピールすることも一つの選択肢です。

順応力も必要

30代のハイクラス転職で失敗しがちなミスが、プライドの高さ故の考え方に陥るケースです。

ハイクラス転職を目指す人の多くは、マネジメント経験があったり専門スキルがある場合がほとんどです。

そのため、自分の仕事能力にかなりの自信を持つ人が多い傾向にあります。

しかし、ここで問題なことは、自分の仕事能力に自信を持つあまり、転職先の風土やルールに馴染むことができないケースです。

当然ながら、転職した以上は新たな企業の風土やルールに馴染む努力をしなければいけません。

つまり、仕事能力だけでなく順応できる能力も必要です。

「前職はこうだった」と比較して自分勝手に行動すると、ハイクラス転職に成功しても、評価を得られない事態となりかねないので注意しなければいけません。

30代でハイクラス転職を実現させるためのポイント

30代でハイクラス転職を実現させるために、以下で説明しているポイントを押させておくことが大切です。

自己分析をしっかり行う

ハイクラス転職の実現を考える際には、まず自分自身の能力や適性をしっかりと把握する必要があります。

自分がやりたいことや得意とする分野、将来的にどのようなキャリアを目指しているかなどを明確にしておくことが大切です。

自分自身の強みや弱みを正確に把握することで、どのような業界・職種に自分がマッチするのかを把握することができるようになります。

スキルアップを行う

30代でハイクラスな業界・職種に転職するためには、自分自身のスキルアップが必要なケースもあります。

仮に新しい業界や職種に挑戦する場合、その業界・職種に必要なスキルや知識を習得しなければいけません。

もちろん、同業界・同職種への転職であっても、スキルアップが必要なケースもあります。

あなた自身が専門性を持ち、高いレベルでの業務をこなすことができるようになることで、企業からの信頼度が高まります。

つまり、自分自身がプロフェッショナルな人材であることを証明するために、希望する業界・職種で通じる能力やスキルの習得へ向け、自己投資を行うことも重要です。

非公開求人を活用する

ハイクラスな転職を実現させるには、当然ながらハイクラスに該当する求人を探さなければいけません。

このとき、非公開求人を活用して探すことをおすすめします。

その理由は、ハイクラスな人材を求める企業の多くは、ライバル会社に求人募集やプロジェクトなどの情報が漏れないよう、非公開として扱うからです。

また、好条件で求人募集をしている事実を、その企業で働く従業員に知られることを防ぐ意味でも非公開として扱われています。

そのため、誰もが簡単に情報を閲覧できる求人媒体で、ハイクラス求人を見つけることは基本的にできません。

なお、非公開求人は転職エージェントに登録すると閲覧できるようになります。

30代でハイクラス転職を実現するには転職エージェントを活用する

30代でハイクラス転職を実現させるためには、転職エージェントを活用することが欠かせません。

その理由は上述でご紹介した通りで、ハイクラス求人の多くは非公開として扱われているからです。

このとき、非公開求人を閲覧するには、転職エージェントへの登録が必要です。

なお、転職エージェントへ登録すると、豊富な経験と知識を持つ、キャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

例えば、あなたが得意とすることや経験を元に、適切な職種や企業を非公開求人の中から探して紹介してくれます。

また、自己分析や面接対策などのアドバイスもしてくれるので、転職活動を有利にすすめることができるはずです。

さらに、労働条件の交渉も対応してくれるため、あなた自ら採用担当者と交渉する必要もありません。

このように、転職エージェントへ登録すると、非公開求人の閲覧だけでなく、ハイクラス転職の実現に向けた様々なサポートを受けることができるようになります。

ハイクラスな転職を目指す30代が転職エージェントを利用する際の注意点

30代でハイクラスな転職を実現させるには、転職エージェントを利用することがベストです。

ただし、以下のような注意点もあります。

複数の転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用する際の注意点の一つが、1社だけを利用して転職活動をしないことです。

なぜなら、転職エージェントが保有する非公開求人数にも違いがあり、得意分野も異なるからです。

例えば、「首都圏の求人は豊富だけど関西圏はイマイチ…」や「年収800万円以上のハイクラス求人が少ない…」など、転職エージェントによって大きく異なります。

このとき、1社しか利用していない場合は比較しようがないため、不利な状態で転職活動を進めてしまう可能性があるのです。

なお、在籍しているキャリアアドバイザーの質も異なるので、1社だけではあなたが満足できるサポートを受けることができるとも限りません。

そのため、基本的には複数の転職エージェントに登録し、それぞれを比較しながら転職活動を進めることが大切です。

経歴を偽らない

当然ながら、経歴を偽って転職エージェントを利用することは避けなければいけません。

なぜなら、偽りの経歴で求人紹介を受けて転職に成功したとしても、後々転職した企業で経歴が偽りであったことが明るみに出ることがあるからです。

例えば、過去には水道局で勤務していた公務員の男性が、「大卒」でありながら「高卒」と偽って入社し、懲戒免職となった学歴詐称がありました。

その事実が発覚した理由は、匿名で通報があったからだとのこと。

特殊な実例ではありますが、仮に経歴を偽りハイクラスな転職をしてしまうと、あなたを知る人物から通報されて懲戒解雇となることもあり得るのです。

なお、経歴の偽りが発覚すると、今後は転職エージェントを利用できなくなったり、キャリア自体を失いハイクラス転職が一切できなくなることにもなりかねません。

そのため、経歴を偽らずに転職エージェントを活用することが重要です。

希望する条件は明確に伝える

転職エージェントを利用すると、あなたの転職をサポートするためにキャリアアドバイザーが一人担当として付きます。

このとき、あなたが希望する業界・職種、年収、労働条件などは明確に伝えることが重要です。

例えば、あなたが希望する条件がいまいちキャリアアドバイザーに伝わっていないと、ミスマッチが起こりやすくなります。

ミスマッチが起こると、紹介された企業が保守的な組織風土であったり、経験やスキルを活かすことのできない企業へ転職してしまうなどにもなりかねません。

また、地域による賃金格差や過酷な労働環境で働くことにもつながりかねないため、必ずあなたが希望する条件を細かく伝えて理解してもらう必要があるのです。

そうすることで、あなたの希望に沿った求人を探して紹介してもらうことができるようになります。

キャリアアドバイザーのペースに飲み込まれない

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、各業界・職種に詳しく、豊富な知識を持ってサポートしてくれます。

ただし、人によってその質は大きく異なるため、必ずあなたが求めるサポートを受けることができるとも限りません。

例えば、気になる求人の一つに応募をして無事に内定が出た際、入社を強く促すキャリアアドバイザーも少なからずいるのです。

もちろん、納得できる条件の企業から内定が出たのであれば問題ありません。

しかし、あまり気の進まない企業であったり、別の求人に応募をしたいなどの場合はハッキリと断ることが重要です。

このとき、キャリアアドバイザーに言われるがまま話を進めと、失敗した転職をする可能性が高くなります。

そのため、あなたにとってメリットのないことはハッキリと断り、場合によっては「担当者を変えてもらう」「別の転職エージェントを利用する」などの行動を取るようにしてください。

30代でハイクラス転職を実現するには各ポイントを押さえて行動する

本記事では、30代でハイクラス転職を実現させるためのポイントをご紹介しました。

ハイクラス転職を実現させるためには、自己分析をしっかりと行い、スキルアップに向け自己投資することが重要です。

なお、ハイクラス求人の多くは非公開の扱いとなっているため、閲覧するために転職エージェントへ登録するようにしましょう。

これらのポイントをしっかりと押さえ、転職活動を行うことで、あなたが望むハイクラスな職種に就くことができるようになります。

30代の方が転職活動を行う際、多くの人は転職エージェントを利用します。

もし一人で転職活動を行うと、数多くの求人の中から自分に合った条件の企業を探さなければいけません。

また、労働条件や年収の交渉、面接対策、スケジュール管理など、転職に関わる全てを自分一人で行う必要があるのです。

それに比べ、転職エージェントを利用すると、転職市場や求人情報に詳しく、業界・職種の専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

なお、以下に30代の方に適した転職エージェントの情報をまとめているので参考にしてみてください。

目次