工場勤務を辞めたいと感じる30代の対処法

当サイトのページにはプロモーションが含まれています。
工場勤務を辞めたいと感じる30代の対処法

30代に入ると、人生の方向性や職業に対する見方が変わり、工場勤務を辞めたいという考えが浮かび上がることもあります。

例えば、年収の低さや体力的な問題、仕事の将来性などに対する不安が強まり、転職やキャリア転換を考える人は少なくありません。

もし、あなたも工場勤務を辞めたいと感じているのであれば、筆者も工場で働いていたのでその気持ちは理解できます。

そこで、工場勤務を辞めたいと感じる30代の方が、新たなキャリアに進むための対処法について解説していきます。

目次

30代の工場勤務者が考える仕事を辞めたいと感じた理由

そもそも、30代の工場勤務者が今の仕事を辞めたいと感じる理由は何なのでしょうか。

その理由は人により様々ですが、以下のようなことが関係しているケースが多いです。

労働環境の問題

30代の工場勤務者が今の仕事を辞めたいと感じる理由の一つが、労働環境の問題です。

勤務時間や労働条件、人間関係など、働く職場の労働環境に不満を感じる人は少なくありません。

特に、体力的・精神的な負担が大きい場合や、ストレスが多い環境で働いている場合は苦痛を感じるものです。

筆者も工場勤務を経験しており、こうした労働環境の問題で不満や苦痛を日々感じていました。

なお、筆者は上司の職権乱用による左遷を理由に退職を余儀なくされ、高卒から30歳まで働いた工場を辞めています。

このように、職場の労働環境を要因として、工場勤務を辞めたいと考える30代の人は非常に多いです。

給与や待遇の不満

工場勤務を辞めたいと考える30代の人によくある理由には、給与や待遇面での不満も挙げられます。

労働に見合った報酬や福利厚生がない、キャリアに対する報酬の見込みが乏しいなどの、給与や待遇面での不満です。

工場勤務にも様々な仕事がありますが、業界的に給与は少ないケースが多いです。

また、昇格や昇進が難しいケースも多く、工場勤務者の多くはキャリアにおいて、不利な状況の中で働いている傾向にあります。

なお、筆者は有名企業の工場で働いていたので、給与や福利厚生は多少マシではありましたが、評価面での待遇は非常に悪かったです。

年功序列、天下り者優先、イエスマン優先など、様々な問題的理由で評価されなかったのですが、このような給与や待遇面による問題で不満を感じ、工場勤務を辞めたいと感じてしまうのです。

将来性への不安

現代では、技術の進歩で機械の自動化が進み、人間の手作業を必要としない工場が増えてきました。

自動化にするメリットは、作業員の負担軽減、ヒューマンエラーの防止、作業効率の向上、品質向上などが挙げられます。

しかし、自動化が進みすぎると雇用が失われてしまうデメリットが発生してしまいます。

その理由は単純で、人間がしていた作業を機械が行うので、新たな人材の確保や雇用を維持する必要がなくなるからです。

もちろん、機械を運用できる専門知識を持った人材の確保は必要ですが、単なる作業員は従来のように確保する必要はありません。

このように、自動化を導入する工場が増えてきたことにより、将来的に仕事を失うリスクに不安を感じて工場勤務を辞めたいと考える30代の方も増加しています。

工場勤務を辞めたい30代が取れる行動

上述でお伝えした理由により、工場勤務を辞めたいと考える30代の人は少なくありません。

このとき、あなたも工場勤務を辞めたいと考えているのであれば、以下の行動で脱却できる可能性が高まります。

辞めたい理由に対し改善策を模索する

工場勤務を辞めたいと感じる場合、その理由に対し改善の余地がないかを模索することが重要です。

当然ながら、工場勤務を辞めたいのには理由があるはずです。

その理由に対し、「本当に辞めることでしか解決できないのか?」を模索します。

例えば、担当する仕事や職場の人間関係に問題があって辞めたい場合、上司へ相談することで改善できることがあります。

実際に、職場の人間関係に悩み辞める前に上司へ相談したところ、異動により改善できた作業員を見たことがあります。

もちろん、筆者のように管理職の方へ相談しても改善できず、工場勤務を辞める30代の方もいるでしょう。

しかし、まずは工場勤務を辞めたい理由に対しての改善策を模索することから始めてみてください。

新たな専門知識・スキルを獲得する

30代で工場勤務からのキャリア転換を考える際、次のキャリアに向けて必要な専門知識やスキルを獲得するための勉強をしておくことが理想的です。

特に、工場以外の業界や職種へ転職したい場合、ある程度の専門知識やスキルがなければ、再び現職と似た仕事に就く確率が高くなります。

そのため、現職を辞める前に次の仕事で役立つ専門知識やスキルの獲得に向け、行動することも検討してみてください。

なお、自分で稼ぐためのスキルを身につけることも一つの選択肢です。

例えば、Webデザイナー、ライター、動画編集者などのスキルを身につけると、企業に所属せずともフリーランスとして活動することができます。

現代は働き方の多様化が進んでいるため、自分の力で稼ぐスキルを身につけてから工場勤務を辞めることも、一つの改善策と言えるでしょう。

転職エージェントを活用する

工場勤務を辞めたい、もしくは辞めることを決意した場合は、転職エージェントを活用すると選択肢の幅を広げることができます。

例えば、現職を辞めたいとは思いつつも、将来的な不安から行動できない30代の人は少なくありません。

このとき、転職エージェントを利用すると、豊富な経験と知識を持つキャリアアドバイザーが、プロの視点であなたに適したキャリアプランを提案してくれます。

新たな選択肢や隠れた可能性を見出せる可能性があるので、すぐに転職する予定がなくても、現在の不安や危機感について相談することはおすすめです。

なお、すでに辞めることを決意しているのであれば、あなたのスキルや経歴を評価し、最適なキャリアパスや求人情報を見つけるサポートを行ってくれます。

また、応募書類の作成支援や面接対策、労働条件の交渉支援などのサポートも受けられるので、成功率の高い転職活動を進めることができるでしょう。

成功への道をスムーズに進めるためにも、転職エージェントの活用も検討してみてください。

工場勤務を辞めたい30代は早めに行動する

この記事では、工場勤務を辞めたいと感じる30代の方が、新たなキャリアに進むための対処法について解説しました。

職場での人間関係や体力的な問題、仕事の将来性など、様々な理由で工場勤務を辞めたいと考える30代の人はたくさんいます。

そうした中で、あなたも辞めたいと感じているのであれば、早めに行動することが重要です。

特に、30代からは年齢が上がるごとに転職へのハードルが高くなるので、転職をしたい場合はすぐに行動することが成功の鍵となります。

本記事を参考に、あなたの幸せと成長のための行動をするようにしてみてください。

30代の方が転職活動を行う際、多くの人は転職エージェントを利用します。

もし一人で転職活動を行うと、数多くの求人の中から自分に合った条件の企業を探さなければいけません。

また、労働条件や年収の交渉、面接対策、スケジュール管理など、転職に関わる全てを自分一人で行う必要があるのです。

それに比べ、転職エージェントを利用すると、転職市場や求人情報に詳しく、業界・職種の専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

なお、以下に30代の方に適した転職エージェントの情報をまとめているので参考にしてみてください。

目次