仕事で泣く30代にできる対処法【対策を練り実行】

当サイトのページにはプロモーションが含まれています。
仕事で泣く30代にできる対処法

業務量の多さや仕事での失敗、あるいは職場での人間関係など、仕事が辛くて泣いてしまう人は意外と少なくありません。

このとき、社会人経験の浅い10代や20代の従業員であれば、泣いても仕方ないと思ってくれる人は多いです。

ただ、30代からは社会人経験の長さに関係なく、年齢的に仕事で泣くことは問題であると考える人が非常に多い傾向にあります。

基本的に、職場で泣くこと自体よくは思われないのですが、それにプラスして「30代にもなって仕事中に泣くとかありえない」と、否定的に考える人が多すぎることも関係しています。

なお、ここで大切なことは「なぜ仕事で泣いてしまうのか?」と言うことです。

当然ながら、特に問題がなければ仕事で泣くことはありません。

ですが、泣いてしまうからには現在の職場環境の中で何かしらの原因があるはずです。

そこで、仕事で泣く30代の人が現状の改善に向けた対処の仕方を知り、どのような行動を取るべきかについて解説していきます。

目次

30代であろうと仕事で泣くことはある

まず、最初に認識しておくべきことは、30代に限らず仕事を通して泣くことは普通にあります。

ただ、どれだけ辛くても仕事中は泣くことを我慢する人が多いため、誰も泣いていないように見えるだけです。

その理由は、仕事中に泣く行為を否定的に考える人が非常に多いからです。

例えば、仕事中に泣いてしまうと「年齢的にありえない」「メンタルが弱い」「泣くことが戦略」「媚びを売っている」など、どうしても否定的に考える人がたくさんいます。

特に、20代後半からはこのように思われてしまうことが多いです。

当然ながら、一度でも否定的な考え方をされると仕事がしづらいだけでなく、人間関係も悪くなるので非常に居心地は悪くなります。

そのため、泣きたい気持ちはあるも我慢をする、あるいは隠れて泣いている場合が多いのが実情です。

つまり、人前で泣くか泣かないかの違いだけでしかなく、仕事で辛いことがあればどの年齢の人でも泣くことがあることを理解しておくことが重要です。

仕事を通して泣く前にできる対処法

仕事を通して泣きたくなることは誰にでもあり得ることですが、30代の人が人前で泣くことは避ける方が無難です。

先で述べたように、仕事中に泣く行為をよく思わない人が圧倒的に多いので、泣いてしまうと職場での人間関係が悪くなります。

これでは仕事もしづらくなるので、事前に対処できる対策を講じなければいけません。

ただ、どのような対処の仕方があるのでしょうか。

これについては、以下のことを実行すると、人前で泣く行為を避けることができるようになります。

一人になれる場所で泣く

10代や20代であれば、多少考慮はされやすいのですが、30代の人が仕事中に泣くと否定的な考え方をされたり、中には無神経な人もいるので後々働きづらくなります。

そのため、どうしても涙が出そうなときは「一人になれる場所」で泣くことが重要です。

一人になれる場所は職場によって異なりますが、なるべく人がいない場所を選ぶ必要があります。

例えば、トイレや階段の踊り場などに行くか、外出できる場合は人気のない道路などがおすすめです。

重要なことは人前で泣かないようにすることなので、泣くことを過剰に我慢する必要はありません。

話し相手を見つける

仕事での辛い気持ちを溜めすぎないようにするためにも、話し相手を見つけることが大切です。

例えば、職場の同僚や先輩でも良いのですが、家族や友人などと定期的に話をするようにすると、ストレスの発散になりやすいので泣きたい気持ちを抑えることができるようになります。

大きなストレスを感じると、どうしても辛い気持ちになってしまうものです。

ですが、話し相手を見つけて定期的に感情を解放してあげると、ストレスの発散ができて泣きたい気持ちを抑える効果を期待することができます。

上司へ相談する

仕事中に泣いてしまう原因が業務的な問題や人間関係の場合は、上司へ相談するようにしましょう。

上司は部下に対して仕事を指導する役割があるほか、モチベーションの管理やサポートをする役割も担っています。

そのため、あなたが仕事で泣いてしまう原因を相談して、改善に向けて対処してもらうことが重要です。

例えば、仕事量が多すぎるのであれば、現在の状況を説明して分担してもらうようにすることができます。

人間関係についても同様で、あなたに対して迷惑行為をしてくる従業員がいるのであれば我慢をせず、上司に相談することが大切です。

ただ、上司への相談や改善が難しい職場で働いている場合は、転勤や異動をしたい旨を伝えることで対処する方法もあります。

転勤もしくは職場異動をすると、受け持つ仕事と一緒に働く従業員も変わるため、心機一転して仕事に取り組むことができます。

このとき、業務内容と職場の従業員が変わることから最初は大変かもしれません。

ですが、無駄に退職せずに改善を期待できる方法です。

泣くほど仕事が辛い場合は身を引く決断も重要

上記では、仕事を通して泣く前にできる対処法についてご紹介をしました。

上手くいくと大きな効果を期待できますが、どうしても耐えられなかったり、あるいは改善の効果がない場合があるかもしれません。

そうしたときは、会社から身を引いて転職の決断をすることも重要です。

できる対策を講じて効果がない場合、打つ手がないため耐えるしか方法がありません。

ただ、耐えるにしても仕事を通して泣いてしまう可能性がとても高く、職場の従業員から冷たい対応をされることとなります。

特に、30代の人は年齢で判断されてしまいやすく、無神経な発言や対応、また考えをする人が多いため人間関係が悪くなりますし、何より働きづらくもなります。

こうしたことを避けるために、転職の決断をすることは時として必要です。

なお、転職活動を一人で行うと、再び同じような職場環境で働くことになる可能性もあるので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントには、各業種・職種に熟知したキャリアアドバイザーが在籍しているので、あなたが転職先に求める雇用条件を伝えると、適した求人を探して紹介をしてくれます。

また、応募書類の書き方のサポートや面接対策も実施してくれるので、自信を持って転職活動に臨むことができるようになるはずです。

仕事が泣くほど辛いときは30代の間に身を引き新しい職場で働く

ここまでに、仕事で泣くことのある30代の人にできる対処法についてお伝えしてきました。

30代の人に限らず、仕事を通して泣く人は意外とたくさんいます。

ただ、ほとんどの人は我慢をする、あるいは隠れて泣くようにしているため、なかなか気がつきにくいかもしれません。

やはり人前で泣いてしまうと迷惑になるほか、否定的であったり無責任な発言や考えをする人が大多数を占めるため、後々働きにくくなるからです。

そのため、人間関係が悪くなることや働きづらくなることを避けるために、基本は人前で泣くことを我慢することが重要です。

とは言え、泣くこと自体を無理に我慢する必要はありません。

もし涙が出そうなときは、一人になれる場所でこっそり泣くようにすると、周りの人に気付かれることなく仕事に従事することができます。

ですが、どうしても仕事が辛くて泣いてしまいそうな日々が続くのであれば、今の会社から身を引いて転職する決断も必要です。

たとえ耐え続けても辛いだけであり、ストレスの影響で体調を損ねる可能性があります。

ですので、新しい職場で働くことを目指し行動すると、今を変えることは十分可能です。

このとき、転職エージェントを利用すると優れたサポートをしてくれるので、効率よく転職活動を進めることができるようになります。

こうしたことを理解した上で求人を探すと、活躍できる企業に巡り合うことができるようになるはずです。

30代の方が転職活動を行う際、多くの人は転職エージェントを利用します。

もし一人で転職活動を行うと、数多くの求人の中から自分に合った条件の企業を探さなければいけません。

また、労働条件や年収の交渉、面接対策、スケジュール管理など、転職に関わる全てを自分一人で行う必要があるのです。

それに比べ、転職エージェントを利用すると、転職市場や求人情報に詳しく、業界・職種の専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

なお、以下に30代の方に適した転職エージェントの情報をまとめているので参考にしてみてください。

目次